メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和の文化と希望展

少子高齢社会を問う 直方で来月4日まで /福岡

介護予防ロボット「パルロ」の動作に見入る人たち

 少子高齢社会を考える「平和の文化と希望展」筑豊展(毎日新聞社など後援)が30日、直方市山部のユメニティのおがた小ホールで開幕した。入場無料で2月4日まで。

 創価学会平和委員会が企画・制作し、2015年から全国を巡回して今回が47カ所目となり、筑豊地区では初の開催。「子どもは大いなる希望」「輝け!長寿社会」…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]