メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

心のケア必要な児童・生徒が増加 被害ストレス、上益城郡は3.3倍 県教委調査 /熊本

 県教育委員会は、2016年の熊本地震で心のケアが必要と判断された児童生徒数が、昨年5、6月の前回調査から333人増え、2086人になったと発表した。全児童生徒の1.2%に当たり、地震被害が大きかった益城町を含む上益城郡の小中学校では、前回の199人の3.3倍に当たる656人となり全体を押し上げた。

 心のケアが必要な児童生徒(小中学校)の割合は上益城郡9.5%で最も高く、阿蘇郡市1.…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. TOKIO 会見詳報(4)「悪いのは酒ではなく、彼」

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです