メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集団的自衛権

「限定容認変わらず」 首相、9条2項維持強調

 安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会で、憲法9条1、2項を維持して自衛隊を明記する自身の改憲案について「フルスペックの集団的自衛権の行使は認められないのではないか」と述べた。この案が実現した場合、集団的自衛権を行使できる範囲は、安全保障関連法の基盤である政府解釈の「限定容認」から変わらないという考えを示したものだ。一方、自民党に根強い2項削除案に対しては、集団的自衛権の全面容認につながる可能性を指摘した。

 首相は「私の案では2項の制限がかかり、今までと同じだ」と説明。武力行使への制約が維持されると強調することで、自身の9条改憲案の実現に改めて意欲を示した。無所属の会の原口一博氏への答弁。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです