メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

教員の働き方改革 「当たり前」問い直そう=伊澤拓也(東京社会部)

学校ではタイムレコーダーの設置が進んでいない=東京都立高校で、丸山博撮影

 長時間勤務が常態化している教員の働き方改革が、ようやく始まろうとしている。教員本来の業務は授業や教材研究であって、学校教育にかかわることなら引き受ける「何でも屋」ではない。教育委員会や学校、保護者も含めた社会全体で、教員にまつわる「当たり前」を問い直すことから始める必要がある。

中教審の提言が業務増歯止めに

 中央教育審議会(中教審)が昨年12月に文部科学省に提出した「働き方改革の方策」の中間まとめは、登下校の見守りや給食費の徴収など、これまで法的根拠がないのに教員が当然のように担ってきた業務を「学校以外が担うべき業務」に振り分けた。また、数値目標として勤務時間の上限を示すよう文科省に要請した。この提言通りに文科省や各教委が対策に取り組めば、雪だるま式に膨れ上がる教員の業務量に一定の歯止めがかかるのは間違いない。

 文科省の2016年度の調査で、1週間の勤務時間は10年前と比べ中学校で5時間、小学校で4時間増えた。小学校では学習指導要領の改定で授業と授業準備の時間が増え、中学校では部活動指導に費やす時間が休日平均で1日あたり2時間に倍増したことが要因だ。

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文2040文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです