メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
自動車世界販売台数

17年 中国市場浸透カギ 次世代車対応、提携拡大も

日産自動車の高級ブランド「インフィニティ」のコンセプト車「Qインスピレーション」=米デトロイトで2018年1月15日、清水憲司撮影

 2017年の主要自動車グループの世界販売台数は、仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が2位となったが、世界最大の自動車市場・中国での販売力の差が如実に表れた。中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で販売を拡大するには、他社との提携を通じた規模の拡大が必要で、世界の大手グループの首位争いは激しくなりそうだ。

 独フォルクスワーゲン(VW)は、他の自動車大手に先駆けて1980年代に中国市場に進出した。17年の…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1237文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです