メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

河野俊行さん=イコモス会長に就任した

 昨年末にインドで開かれた国際記念物遺跡会議(イコモス)の年次総会で会長に選ばれた。1965年設立のイコモスは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関として、世界文化遺産の登録審査を担う。153カ国、約1万人の専門家で構成するが、過去7人の会長は欧州中心で日本人は初めて。帰国後の記者会見で「真にグローバルな専門家団体に発展させたい」と抱負を語った。

 大阪市出身。京都大法学部から大学院に進み、司法試験にも合格したが、学者の道を選んだ。28歳の時、国際取引や国際結婚などが対象の国際私法の専門家として九州大に着任した。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです