特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-佐藤康光九段 第41局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

ついに決戦

 図の[後]8四歩が指されたのは午後10時18分。指し手は78手を数えるが、いまだ本決戦には至っていない。控室では残り1時間を切ってなお、泰然と考え続ける両者の落ち着きぶりに賛嘆の声が上がっていた。

 羽生は短考で[先]7七桂と跳ねた。[後]8五歩なら[先]同桂[後]同桂[先]6五銀で先手よし。攻防の要である6四角を攻める展開になれば、後手は不安定な4六銀が負担になる。

 佐藤は[後]6六歩の突き出しに15分を投じ、残り30分を切った。局後に「[先]6五歩と打たれたら自信がなかった」と明かしている。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文586文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集