メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/179 第5章 25=高村薫 多田和博・挿画監修

 そのとき栂野雪子がそれほど酔いつぶれていなければ、居間のガラス窓越しに表の道路に立っている浅井忍と、雨上がりの路傍の黄緑色のレンタサイクルが見えたのかもしれない。しかし、雪子のどす黒い酩酊(めいてい)の底にはLINEの着信音も届かず、ましてや家の外の無言の訪問者に気づくことはなかった。

 その浅井忍は、どうしようもない気分が高じた末に、ついにドラクエ11もゲーム機も放り出して大宮のハイツを飛び出してきたが、薬の服用をやめていたときのように雑多な物思いが次々に混線して世界がぐるぐる捩(ねじ)れていたというのではない。むしろ状況は逆で、薬が切れているのに頭はがらんどうの廃校のように静かで、かつてあった雑念は戻ってくる気配もない。久々に服用を再開した薬のおかげで、しばしドーパミンが正常に働くようになった結果の頭の無風状態と、それが新たに生みだしたらしい鬱だということは、昨日あたりまでは分…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文991文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです