メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵王山

噴火警戒レベル2に

噴火警戒レベル2に上げられた蔵王山。奥方向が山頂付近=山形市で2018年1月30日午後5時2分、本社ヘリから藤井達也撮影

 気象庁は30日、宮城・山形県境の蔵王山(1841メートル)で小規模な噴火の可能性があるとして、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。同庁が想定する火口域である馬の背カルデラ(直径約2キロ)の縁から約1・2キロの範囲では、水蒸気噴火に伴って大きな噴石が飛ぶ恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。

 蔵王山が噴火警戒レベル2となったのは、同庁が2016年7月に同レベルを導入してから初めて。レベル2…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです