メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵王山

噴火警戒レベル2に

噴火警戒レベル2に上げられた蔵王山。奥方向が山頂付近=山形市で2018年1月30日午後5時2分、本社ヘリから藤井達也撮影

 気象庁は30日、宮城・山形県境の蔵王山(1841メートル)で小規模な噴火の可能性があるとして、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。同庁が想定する火口域である馬の背カルデラ(直径約2キロ)の縁から約1・2キロの範囲では、水蒸気噴火に伴って大きな噴石が飛ぶ恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。

 蔵王山が噴火警戒レベル2となったのは、同庁が2016年7月に同レベルを導入してから初めて。レベル2…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです