メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

器物損壊

昨秋から岩手大で十数件 盛岡東署に被害届

重要文化財の岩手大農学部「旧門番所」も扉のガラスが割られ、段ボールでふさがれていた(中央)=盛岡市の岩手大で2018年1月30日午後5時29分、小鍜冶孝志撮影

 盛岡市上田3の岩手大で昨年11月から、窓ガラスを割られたり、トイレに灯油をまかれたりするなどの被害が十数件起きていることが30日、同大への取材で分かった。大学側は悪質ないたずらとみて昨年12月上旬、盛岡東署に被害届を提出。同署は器物損壊事件として捜査している。

 岩手大によると、大学構内での被害は昨年…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです