器物損壊

昨秋から岩手大で十数件 盛岡東署に被害届

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
重要文化財の岩手大農学部「旧門番所」も扉のガラスが割られ、段ボールでふさがれていた(中央)=盛岡市の岩手大で2018年1月30日午後5時29分、小鍜冶孝志撮影
重要文化財の岩手大農学部「旧門番所」も扉のガラスが割られ、段ボールでふさがれていた(中央)=盛岡市の岩手大で2018年1月30日午後5時29分、小鍜冶孝志撮影

 盛岡市上田3の岩手大で昨年11月から、窓ガラスを割られたり、トイレに灯油をまかれたりするなどの被害が十数件起きていることが30日、同大への取材で分かった。大学側は悪質ないたずらとみて昨年12月上旬、盛岡東署に被害届を提出。同署は器物損壊事件として捜査している。

 岩手大によると、大学構内での被害は昨年…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文280文字)

あわせて読みたい

注目の特集