メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の美味

つるし切り実演アンコウ捨てる所なし 千葉・旭

つるし切りでアンコウを手際よく切り分ける調理師=千葉県旭市の飯岡ユートピアセンターで2018年1月30日、近藤卓資撮影

 千葉県旭市の飯岡宿泊組合の恒例行事「飯岡あんこう鍋祭り」が2月1日に始まるのを前に、いいおかユートピアセンターで30日、アンコウつるし切りの実演があった。冬のアンコウは美味で知られ、祭りは19回目。3月末まで。

 調理師が「アンコウは捨てるところもない」などと説明し、約30キロの大物をエラ、キモ、卵巣、肉などに切り分けた。九十九里沖から茨城県沖が主な漁場で、今年は今月末から銚子漁港に揚がるようになったという。

 アンコウ鍋の昼食コースは肝や酢の物、雑炊、デザートなどが付いて税込み4200円。宿泊プランは9800円から。予約・問い合わせは同組合(0479・57・4248)。【近藤卓資】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]