冬の美味

つるし切り実演アンコウ捨てる所なし 千葉・旭

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
つるし切りでアンコウを手際よく切り分ける調理師=千葉県旭市の飯岡ユートピアセンターで2018年1月30日、近藤卓資撮影
つるし切りでアンコウを手際よく切り分ける調理師=千葉県旭市の飯岡ユートピアセンターで2018年1月30日、近藤卓資撮影

 千葉県旭市の飯岡宿泊組合の恒例行事「飯岡あんこう鍋祭り」が2月1日に始まるのを前に、いいおかユートピアセンターで30日、アンコウつるし切りの実演があった。冬のアンコウは美味で知られ、祭りは19回目。3月末まで。

 調理師が「アンコウは捨てるところもない」などと説明し、約30キロの大物をエラ、キモ、卵…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

あわせて読みたい

注目の特集