メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の美味

つるし切り実演アンコウ捨てる所なし 千葉・旭

つるし切りでアンコウを手際よく切り分ける調理師=千葉県旭市の飯岡ユートピアセンターで2018年1月30日、近藤卓資撮影

 千葉県旭市の飯岡宿泊組合の恒例行事「飯岡あんこう鍋祭り」が2月1日に始まるのを前に、いいおかユートピアセンターで30日、アンコウつるし切りの実演があった。冬のアンコウは美味で知られ、祭りは19回目。3月末まで。

 調理師が「アンコウは捨てるところもない」などと説明し、約30キロの大物をエラ、キモ、卵…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 「東京マラソン・ショック」 各地の大会も相次ぎ中止 専門家は「背景に責任論」

  5. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです