メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際同性カップル

愛に理解、日本では?スペインで結婚へ

手をつなぎながら歩くペレスさん(左)と末永さん=福岡市中央区で2018年1月14日午後0時39分、遠山和宏撮影

 福岡県内在住のスペイン人と日本人の女性国際カップルが、今秋スペインで結婚する。家族として一緒に日本で暮らしたかったが、日本は同性婚を認めていない。2人は「大好きな日本が同性カップルに理解ある国になってほしい」と願い、顔と実名を出し取材に応じた。

 ペレス・サラさん(33)=福岡市中央区=と、末永千穂さん(33)=同県筑紫野市。漫画やアニメなど日本の文化に関心があったペレスさんは2005年に来日し、福岡市の日本語学校に通った。当初は1年のつもりだったが、結局、大学まで出て、卒業後は同市の外食企業に就職。日本に住み続ける決心をし、16年には永住権も取得した。

 2人は09年ごろ、福岡市内のレズビアンバーで出会い、交際が始まった。ペレスさんは、同性が好きである…

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです