メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・尼崎

暴排教室、開店休業「組員の子、差別の恐れ」

暴力団追放兵庫県民センターが暴力団排除教室で使うパンフレット

 国内最大の指定暴力団「山口組」(総本部・神戸市)など多くの暴力団事務所を抱える兵庫県で、公益財団法人「暴力団追放兵庫県民センター」が中学・高校で実施している暴力団排除(暴排)教室が“開店休業”に陥っている。実施は2016年度は6校、17年度は昨年12月までにわずか1校。「組員の子の心を傷つける」「差別につながる」など教育現場の懸念が背景にあるようだ。

 暴排教室は、15年8月に山口組から神戸山口組(現在は指定暴力団)が分裂し、抗争状態になったことをきっかけに16年度に始まった。恐喝や違法薬物売買で資金を集める実態、組織内の上納金に窮して犯罪を繰り返す状況などをセンター職員が解説し、トラブル時には警察などに相談するよう指導する。ただ、県内の全中学・高校に呼びかけているが反応は鈍く、神戸・尼崎両市内では開催ゼロだ。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです