メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井四段、1日に中学生初の五段昇段か

藤井聡太四段

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)が2月1日、東京・将棋会館である名人戦C級2組順位戦9回戦で、梶浦宏孝四段(22)との対局に臨む。勝利すれば中学生初のC級1組昇級と五段昇段が決まる。

 50人が所属するC級2組は1年かけて各自10局戦い、上位3人がC級1組に昇級する。8回戦を終えて藤井四段はただ一人全勝で、2人が1敗で追う展開。藤井四段が1日に勝てば15歳6カ月での昇級が確定し、規定により五段昇段となる。加藤一二三九段(78)の持つ昇級・昇段の最年少記録(15歳3カ月)は抜けないが、加藤九段の頃は昇級日が高校1年になった4月1日付。現在は昇級確定の日に昇級する規定になったため、中学生の昇級・昇段は初となる。

 また、藤井四段は17日、朝日杯将棋オープン戦の準決勝で羽生善治竜王(47)に挑む。順位戦で昇級・昇段した後、朝日杯でも羽生竜王を破って決勝でも勝利すると、六段に昇段する。【丸山進】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
  2. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
  3. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
  4. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
  5. 平昌五輪2018 スピードスケート 女子500 みんなの力 奈緒「世界一」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]