根室市

日本最東端のジャズ喫茶、存続へ後継者を公募

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最東端のジャズ喫茶「サテンドール」でコーヒーをいれる谷内田一哉さん=北海道根室市で2018年1月30日、本間浩昭撮影
最東端のジャズ喫茶「サテンドール」でコーヒーをいれる谷内田一哉さん=北海道根室市で2018年1月30日、本間浩昭撮影

 北海道根室市は、「日本最東端のジャズの聖地」として知られるジャズ喫茶を存続させようと、総務省の「地域おこし協力隊」制度を使って全国から後継者を公募する。オーナーの谷内田(やちだ)一哉さん(79)が年齢を理由に3月末での閉店を考えているためで、根室に根付いたジャズ文化の継承を目指す。

 JR根室駅前にあるジャズ喫茶「サテンドール」は、約90平方メートルで25人座れば満席になる規模。だが収蔵するレコード3000枚、CDは1000枚以上を数える。

 1965年に結成されたジャズ愛好家の集まり「ネムロ・ホット・ジャズ・クラブ」の発足メンバーで会長だった谷内田さんは、40歳で会社を辞めて78年12月に店を開き、妻典子さん(68)と二人三脚で店を切り盛りしてきた。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文843文字)

あわせて読みたい

注目の特集