メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

根室市

日本最東端のジャズ喫茶、存続へ後継者を公募

最東端のジャズ喫茶「サテンドール」でコーヒーをいれる谷内田一哉さん=北海道根室市で2018年1月30日、本間浩昭撮影

 北海道根室市は、「日本最東端のジャズの聖地」として知られるジャズ喫茶を存続させようと、総務省の「地域おこし協力隊」制度を使って全国から後継者を公募する。オーナーの谷内田(やちだ)一哉さん(79)が年齢を理由に3月末での閉店を考えているためで、根室に根付いたジャズ文化の継承を目指す。

 JR根室駅前にあるジャズ喫茶「サテンドール」は、約90平方メートルで25人座れば満席になる規模。だが収蔵するレコード3000枚、CDは1000枚以上を数える。

 1965年に結成されたジャズ愛好家の集まり「ネムロ・ホット・ジャズ・クラブ」の発足メンバーで会長だ…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文843文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです