メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフリカ連合

本部で不正アクセス 中国スパイ疑い指摘も

 【ヨハネスブルク小泉大士】エチオピアの首都アディスアベバにあるアフリカ連合(AU)本部の通信ネットワークが不正アクセスを受け、大量の機密情報が漏えいしていたと、仏ルモンド紙が報じた。AU本部を建設した中国によるスパイ行為の疑いが指摘されているという。

 複数のAU関係者の話によると昨年1月、AU本部内がほぼ無人となる深夜に、通信量が大幅に増加しているのを技術者が発見。その後の調査で、ネットワークに保存されていた情報は、上海にあるサーバーにコピーされていたことが判明した。これを受け、安全対策が取られたという。

 情報流出はAU本部が2012年1月に完成した直後から始まったとされる。資源外交を通じてアフリカとの関係を深める中国が総工費2億ドルを出資しており、20階建て(高さ約100メートル)の本部ビルと会議場からなる。中国政府は「アフリカの友人への贈り物」とアピールしていた。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです