メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

メイ首相が訪中へ 「黄金時代」の両国関係

 【ロンドン矢野純一、北京・浦松丈二】英国のメイ首相は31日から2月2日まで、中国を訪問する。習近平国家主席らと会談する予定。欧州連合(EU)からの離脱で想定される経済的な損失を補うため、訪中では貿易や投資など経済関係の強化に重点を置く。「黄金時代」とされる両国関係も反映し、南シナ海や人権問題などでは突っ込んだ議論は行わず、事実上、棚上げされるとみられる。

 メイ氏の首相としての訪中は、2016年に中国・杭州で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです