多摩動物公園

ゴールデンターキンの赤ちゃん誕生

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
生後翌日のナズナ=2018年1月11日撮影、多摩動物公園提供
生後翌日のナズナ=2018年1月11日撮影、多摩動物公園提供

 多摩動物公園(東京都日野市)で、ウシ科の希少動物「ゴールデンターキン」の赤ちゃんが生まれた。一般公開の日程は、ウェブサイト「東京ズーネット」で公表する。

 赤ちゃんは10日、母ホイと父テンの間に生まれた雌。「ナズナ」と名づけられた。生後7日の体重は9.65キロ。積もった雪の中を走ったり、顔で雪を払い飛ばしたりと元気いっぱいだという。母子は現在、非公開施設で日光浴をしたり、獣舎を出入りする練習をしたりしている。教育…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集