メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンライフ倒産

消費者庁の元担当者、天下りしていた

 磁気治療器の預託商法を展開し、多額の負債を抱え事実上倒産したジャパンライフ(東京)を巡り、消費者庁の川口康裕次長は30日の衆院予算委員会で、消費者庁で同社の担当だった元課長補佐が、退職後に同社へ天下りしていたことを明らかにした。希望の党の大西健介氏への答弁。

 川口氏によると、元課長補佐は2014年4月から15年2月ご…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです