メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府警

DV避難先情報漏らす 転居費用を補償へ

 大阪府警の警察署に勤務する20代の男性巡査長が、ドメスティックバイオレンス(DV)を受けた元夫から避難していた30代の女性の居住地を管轄する警察署名を、誤って元夫に伝えていたことが30日、府警への取材で分かった。女性に被害はなかったが、住んでいる地域が推測されかねないとして転居したため、府警はかかった費用など約120万円を補償する方針…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです