メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝がきた

番外編 起立性調節障害 「怠け」ではない不調

 あさ具合ぐあいわるくてがれない病気びょうきがあることをっていますか? 「起立性調節障害きりつせいちょうせつしょうがい」という病気びょうきで、10代前半だいぜんはん思春期ししゅんきでかかるひとおおく、「なまけている」と誤解ごかいされてつらいおもいをする患者かんじゃもいます。病気びょうきへの周囲しゅうい理解りかいかせないといいます。【斎藤広子さいとうひろこ

     「布団ふとんからだいついているような異様いよう感覚かんかくでした」。東京都世田谷区とうきょうとせたがやく高木修造たかぎしゅうぞうさん(23)は病気びょうき症状しょうじょうとくおもかった10だいのころをそうかえります。

     中学ちゅうがく年生ねんせいあきからだちいさなみずぶくれがおびのようにできる「帯状たいじょう疱疹ほうしん」があとに、体調たいちょうくずしました。小学校しょうがっこうにはほとんど遅刻ちこくをしたことがなかったのに、体調たいちょうくずしてからはあさはめまいがするようになり、食欲しょくよくず、朝食ちょうしょく昼食ちゅうしょくれなくなりました。ふわふわする感覚かんかくつづいてつかれやすくなったといいます。「なにかがおかしいとおもっていましたが、いくら病院びょういんかよっても病名びょうめいがわからず不安ふあんでした」とはなします。

     高校こうこう年生ねんせいはるにはスポーツテストの長距離走ちょうきょりそう突然倒とつぜんたおれ、3か月間布団げつかんふとんからがれなくなりました。「なんでおれなのかな」と布団ふとんなかかんがえていたといいます。このころ神経内科しんけいないかなどを受診じゅしんし、「起立性調節障害きりつせいちょうせつしょうがい」と診断しんだんされました。

    中学生ちゅうがくせいやくわり

     起立性調節障害きりつせいちょうせつしょうがいは10~16さい発症はっしょうするひとおおいといわれる病気びょうきです。軽症けいしょうふくめれば中学生ちゅうがくせいやくわりがこの病気びょうきにあたるという研究結果けんきゅうけっかもあり、注目ちゅうもくされています。午前中ごぜんちゅう症状しょうじょうおもく、午後ごごには体調たいちょうもど場合ばあいもあり、家族かぞくからも「なまけている」と誤解ごかいけやすいところがあります。

     この病気びょうきくわしい東京医科大助教とうきょういかだいじょきょう小児科医しょうにかい呉宗憲ごそうけんさんによると、夜更よふかしをせず、しっかりと睡眠時間すいみんじかんをとっているのに、▽あさなかなかきられない▽ちくらみやめまいがひどい▽どうきや息切いきぎれ▽つかれやすい--などさまざまな症状しょうじょうがあるといいます。

     原因げんいんは、思春期ししゅんき急激きゅうげきからだ成長せいちょうたいして、自律神経じりつしんけい心臓しんぞう胃腸いちょう血管けっかんなどの活動かつどう調整ちょうせいする神経しんけい)のはたらきがいつかなくなることとかんがえられています。「特効薬とっこうやくはありませんが、治療法ちりょうほうはあります。周囲しゅうい理解りかい生活せいかつ見直みなおしをふくめ、ただしい対処たいしょをしていけば、おおくのひと症状しょうじょうらくになっていきます」とはなします。

     さんのもとには、毎日まいにちたくさんのどもたちが受診じゅしんにきます。「この病気びょうきかぎらず、どもたちの『朝起あさおきられない』にはいろいろな原因げんいんがあるとかんじます。きみが今抱いまかかえている問題もんだいたいして、ぼくら小児科医しょうにかいはきっとなにかのやくちます。『これは病院びょういんくような病気びょうきじゃない』とおもっても、ぜひ小児科医しょうにかいたよってみてほしいです」とはなします。

    病気びょうきへの理解りかい

     高木たかぎさんはその患者同士かんじゃどうしなやみを相談そうだんいたいと、2012ねん患者かんじゃ家族かぞく交流こうりゅうはじめ、昨年春さくねんはるにNPO法人ほうじん起立性調節障害きりつせいちょうせつしょうがいかい」をつくりました。『なまけている』と周囲しゅうい誤解ごかいされてくるしんでいる患者かんじゃおおいといいます。「家族かぞく友達ともだち先生せんせいなど一人ひとりでも病気びょうきのことをわかって、めてくれるひとがいると患者かんじゃおおきなささえになります。この病気びょうきへのただしい理解りかいすすんでほしいです」とはなしています。


    起立性調節障害きりつせいちょうせつしょうがいこりやすい症状しょうじょう

    ちくらみやめまいをよくこす

    っていると気分きぶんわるくなり、ひどいと失神しっしんする

    入浴時にゅうよくじいやなことを見聞みききすると気分きぶんわるくなる

    すこうごくとどうきや息切いきぎれがする

    あさなかなかきられず午前中調子ごぜんちゅうちょうしわる

    顔色かおいろ青白あおじろ

    食欲しょくよくない

    腹痛ふくつうをときどきうったえる

    疲労感ひろうかんがある、つかれやすい

    頭痛ずつう

    ものいやすい

     ※もともとの病気びょうきがなく、3項目以上当こうもくいじょうあてはまり、生活せいかつこまっている場合ばあい受診じゅしんしたほうがよい

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
    3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
    4. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強
    5. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです