メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
待ったなし

初場所懸賞 史上2位の1993本=武藤久

 不祥事を引きずりながらの1月の初場所は15日間満員、9日目には大雪に見舞われたものの連日札止めのにぎわいだった。人気の指標といわれる懸賞も1993本で史上2位、連日多くの懸賞旗が土俵の周りを回った。

 懸賞はスポンサーが取組にかけて勝った力士に贈るもので、ひいきの力士やその部屋の力士にかけたり、大関の一番にかける酒造会社、入場者の投票で決める菓子メーカーの懸賞、また結びの一番を指定する場合もあれば、逆に幕内の最初の取組を指定したりするなどさまざま。

 今場所は場所前の申し込みでは稀勢の里指定がもっとも多く、2位が白鵬で、合計でも昨年5月の夏場所の2…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文965文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです