メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

初場所懸賞 史上2位の1993本=武藤久

 不祥事を引きずりながらの1月の初場所は15日間満員、9日目には大雪に見舞われたものの連日札止めのにぎわいだった。人気の指標といわれる懸賞も1993本で史上2位、連日多くの懸賞旗が土俵の周りを回った。

 懸賞はスポンサーが取組にかけて勝った力士に贈るもので、ひいきの力士やその部屋の力士にかけたり、大関の一番にかける酒造会社、入場者の投票で決める菓子メーカーの懸賞、また結びの一番を指定する場合もあれば、逆に幕内の最初の取組を指定したりするなどさまざま。

 今場所は場所前の申し込みでは稀勢の里指定がもっとも多く、2位が白鵬で、合計でも昨年5月の夏場所の2…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです