メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

歌詞の力=近藤勝重

 原稿を書いていて、あれ、歌の文句と同じだな、と時に思うことがある。たいていが昭和歌謡のヒット曲で、そんな体験をすると、昭和歌謡ブームも歌詞の力が大きいのでは、と改めて思う。とりわけ深い心の動きを風景や時間の流れとともに描いた作詞には感じ入る。音と詞の相乗効果もあってか、そこに映像さえ見せてくれる歌もあるほどだ。

 自らも作詞した演出家の久世光彦氏の著書「歌が街を照らした時代」に「どうしてみんな、こんなに上手(う…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです