メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コクガン

気仙沼で捕獲作戦 渡りルート、繁殖地解明向け国際調査 成果ゼロ、79歳再挑戦誓う /宮城

捕獲用に用意された無双網に近づくコクガンの群れ

 20年以上にわたり研究用に鳥などを捕らえている里山自然史研究会(神奈川県逗子市)の内田聖さん(79)=千葉県我孫子市=らが27日までの4日間、気仙沼市の大谷海岸で、国の天然記念物のコクガンの捕獲に挑んだ。日本や中国など4カ国の研究者による共同調査の一環で、アジア太平洋地域での渡りルートや繁殖地の解明が目的だが、捕獲ゼロに終わった。内田さんは「失敗があるからまたみんなで考えられる」と再挑戦を誓った。【山田研】

 うっすらと雪に覆われた大谷海岸。海に流れ込む小川の上に、内田さんが作った無双網(長さ20メートル、…

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  5. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです