メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杉並区

新基準の住宅も助成 木造の耐震診断・改修 来年度から /東京

 首都直下地震など震災による被害を減らすため、杉並区は来年度から、1981年6月~2000年5月の新耐震基準で建てられた木造住宅について、耐震診断や耐震改修の助成制度を導入する。田中良区長は31日の記者会見で「首都直下地震の死者ゼロを目指したい」と語った。都内自治体では初の取り組み。

 81年5月までの旧耐震基準に基づく住宅は、同区のほか各自治体が既に耐震診断や改修の助成を行っている。しかし、16年4月の熊本地震では、新基準で建てられた住宅にも倒壊などの被害が出た。こ…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです