青梅市立第三小

起業家の第一歩 児童がタオル販売 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青梅市内のスーパー店頭で皆でデザインを決めたハンドタオルを販売する児童ら=青梅市内で
青梅市内のスーパー店頭で皆でデザインを決めたハンドタオルを販売する児童ら=青梅市内で

 起業家教育に取り組む青梅市立第三小学校の児童が、地元の老舗タオルメーカー「ホットマン」とタイアップして作ったハンドタオルを、校外のスーパー店頭で販売した。タオルには、子どもたちのデザインした「OME」の文字を刺しゅうしており、市ゆかりの梅の花をあしらうなど、街のPRに一役買っている。

 同校は2015年度、経済産業省の「起業家教育普及促進事業」のモデル校に指定されて以来、5年生の「総合的な学習の時間」を通じて起業家教育を続けて…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集