メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貝塚市

クリケットのまちに 協会と競技場整備・普及推進で協定 /大阪

クリケットを推進する連携協定を結んだ藤原貝塚市長(左)ら=大阪府貝塚市役所で、井川加菜美撮影

 貝塚市は31日、クリケット競技を生かしたまちづくりを目指し、一般社団法人「日本クリケット協会」(栃木県佐野市)などと連携協定を結んだ。市は災害時に使う臨時ヘリポートがある広場に、芝生を植えてクリケット競技場を整備する方針。藤原龍男市長は「スポーツは子どもたちに夢と希望を与える」と話し、クリケットの普及に意欲をみせた。【井川加菜美】

 この日、市役所で協定式があり、藤原市長と同協会の山田誠会長、近畿クリケット協会の吉中康子理事長らが参加。クリケットの普及や競技場の整備などを目指す協定書に署名した。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです