メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
貝塚市

クリケットのまちに 協会と競技場整備・普及推進で協定 /大阪

クリケットを推進する連携協定を結んだ藤原貝塚市長(左)ら=大阪府貝塚市役所で、井川加菜美撮影

 貝塚市は31日、クリケット競技を生かしたまちづくりを目指し、一般社団法人「日本クリケット協会」(栃木県佐野市)などと連携協定を結んだ。市は災害時に使う臨時ヘリポートがある広場に、芝生を植えてクリケット競技場を整備する方針。藤原龍男市長は「スポーツは子どもたちに夢と希望を与える」と話し、クリケットの普及に意欲をみせた。【井川加菜美】

 この日、市役所で協定式があり、藤原市長と同協会の山田誠会長、近畿クリケット協会の吉中康子理事長らが…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文673文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです