民泊

歴史的保存地区、営業を制限 県条例案 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県は、旅行客らを一般住宅に泊める「民泊」に関して独自に制定する条例案で、天理、橿原、桜井、斑鳩、明日香の5市町村で指定されている歴史的風土保存地区では繁忙期の10~11月に民泊の営業を制限する方針を示した。来年以降、大型連休期間中か4~5月も加えることを検討する。

 奈良市内で1月30日、関係者を集めた対…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文299文字)

あわせて読みたい

ニュース特集