メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ紀行

江津・川戸駅内、サロン「こしかけ」 月2回、まちの社交場 三江線廃線後も続行 /島根

JR三江線の川戸駅=島根県江津市桜江町川戸で、関谷徳撮影

 川戸駅(江津市桜江町川戸)の木造駅舎は三江線が開通した1930(昭和5)年に建築された。今は無人駅だが、毎月第2、第4木曜日には、駅舎の待合室でサロン「こしかけ」が開かれ、にぎやかな空気に包まれる。駅の利用者らに「ちょっと、腰掛けていきなさい」という、休憩交流スペースとして2013年4月にオープンした。

 「こんにちは、よくいらっしゃいました」。サロンの信条は「笑顔」。地域の女性を中心に5~6人のボラン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです