メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中四国経済

「景気上向き」県内56% 時短、従業員の意識が鍵 経済同友会アンケ /岡山

 岡山経済同友会が会員企業を対象にした景気動向と企業経営に関するアンケートで、「景気が上向いている」とした企業が56・5%と前年の36・3%から大幅に増加した。今回初めて働き方改革について聞いたところ、労働時間の短縮に有効な方策として、「管理職・従業員の意識改革」など従業員の主体的な関わりが重要とする回答が多く、「ノー残業デー」や「一定時刻の強制退社」といった会社主導の施策の有効性は低いと判断された。

 アンケートは岡山経済研究所に委託し昨年10~11月、会員企業445社を対象に実施、161社(36・…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです