特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

青が駆ける

センバツ・瀬戸内 選手紹介/1 浴本一樹投手(2年) 平常心学び、度胸磨く /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
投球練習をする瀬戸内の浴本一樹投手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影 拡大
投球練習をする瀬戸内の浴本一樹投手=広島市東区山根東5の練習グラウンドで、小山美砂撮影

浴本一樹(えきもと・かずき)投手(2年)

 マウンド上での度胸なら誰にも負けない。昨秋の県大会、中国大会では先発した全ての大会を勝利に導いた。「直球でも変化球でも三振が取れる制球力の高さが自分の武器」と胸を張る。

 投手歴6年。もともと強気の投球ができるわけではなかった。1年生大会では失点に焦って投球し、さらに打たれた。結局13失点して大敗したが、平常心を保つことの大切さを学んだという。以来、「打たせて取ればいい」という心構えに。「今はもう、打たれることは怖くありません」。真っすぐ目を見て答えられるのも、仲間を信頼しているからだ。寮生活の一番の楽しみは、仲間とのトランプ遊び。山口県の柳井市立大畠中学出身。

      ◇

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)出場を決め、夢舞台での活躍を誓う瀬戸内の選手たち。出場が予想されるメンバーを紹介する。

関連記事

あわせて読みたい