特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

3年生、後輩を激励 高知、卒業前に対戦 /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試合後に3年生と笑顔で写真に収まる高知野球部=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影
試合後に3年生と笑顔で写真に収まる高知野球部=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影

 <センバツ2018>

 センバツに出場する高知で31日、卒業を間近に控えた3年生の最後の試合になる下級生との対戦があった。1日の卒業式で、3年生41人は、それぞれの進路に旅立つ。

 この日午後3時ごろ、同高グラウンド(高知市尾立(ひじ))で公式ユニホーム姿の3年生が最後のノックなどを受けた後に、試合は始まった。打撃戦となった試合は下級生チームが6-5で勝利。終了後、グラウンドは「卒業おめでとうございます」「甲子園頑張れよ」など、声援と温かな拍手に包まれた。

 3年生で前主将の西山尚良(たから)さん(18)は「甲子園という大きな舞台。縮こまらずに思いっきりやってきてほしい。それが次の夏にもつながる」とアドバイス。主戦として活躍した黒岩廉さん(18)は「つらかったり楽しかったり、いろんな思い出がグラウンドにはある。最後になるのは正直さみしい」と振り返り、後輩たちに「練習してきたことを信じてやってほしい」と激励した。遊撃手の鈴子実来さん(18)は「僕たちは後輩に全てを託すつもり」と語り、「自分たちで責任を持った、自分たちの野球を貫いてほしい」とエールを送った。【岩間理紀】

関連記事

あわせて読みたい