メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿久根市

「国民宿舎あくね」跡地再生 民間2社が応募 今月中旬までに選定へ /鹿児島

阿久根市が跡地活用を図る旧国民宿舎あくね

 阿久根市が、旧「国民宿舎あくね」跡地(阿久根市波留)を観光宿泊施設として再生するため募集した民間事業者に2社が応募した。市は2月中旬までに業者を選定し、新年度に建物の解体工事に入る予定だ。

 国民宿舎あくねは1974年6月に市が開設した。敷地約1万7850平方メートル、建物は3階建て約5280平方メートルで、約130人の宿泊が可能だった。市南西部の丘陵上にあり、東シナ海を見下ろす景観が売り。2001年から民間委託し「グ…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです