メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

一般教書演説 インフラ投資163兆円 「米国の新時代」

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は1月30日夜(日本時間31日午前)、連邦議会の上下両院合同会議で、内政・外交の施政方針を示す初めての一般教書演説を行った。就任2年目に取り組む目玉政策として、老朽化した高速道路の補修など今後10年間で1兆5000億ドル(約163兆円)規模のインフラ投資や、180万人の不法移民の救済制度策定に意欲を示した。

 演説は約1時間20分に及んだ。政権に対する「信任投票」である中間選挙を今年11月に控え、トランプ氏…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤田菜七子騎手が中央重賞初制覇 女性騎手初

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです