メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

一般教書演説 米社会分断、深さ露呈

黒い服を着てトランプ米大統領の一般教書演説を聞く野党・民主党下院議員ら=ワシントンの米議場で30日、ロイター

 トランプ米大統領の就任後初となった一般教書演説に対しては、強い反発や批判の声も沸き上がった。トランプ政権1年の間に激しさを増した与野党間の対立に加え、「セクハラ」「移民」「人種差別」といったキーワードに代表される米国社会の価値観を巡る「分断」の深さも露呈した形だ。

 【ニューヨーク國枝すみれ】トランプ米大統領は一般教書演説で野党・民主党との協調を呼びかけたが、民主党は激しく反発している。

 名門ケネディ家の一員で東部マサチューセッツ州選出下院議員のジョセフ・ケネディ3世(37)は同州フォールリバーで反論演説し、人間の価値は資産額や肌の色、出身国、宗教などで決まるものではないとし「皆が平等に扱われる。それが米国が国民にした約束だ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文2021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです