メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

トランプ氏 一般教書演説 渡辺靖・慶応大教授/中林美恵子・早稲田大教授

渡辺靖・慶応大学教授=東京都千代田区で2016年11月9日、丸山博撮影

 トランプ米大統領は30日、一般教書演説で「安全で強い、誇りある米国の建設」をテーマに「新しい米国の時代」をアピールした。演説で注目すべきポイントはどこか。米国専門家2氏に聞いた。

「国内融和」演出に努力 慶応大(米国研究) 渡辺靖教授

 今回の一般教書演説では経済分野を中心にして、前向きのメッセージを送り、分断が深まる社会を融和しようと演出していた。途中で紹介するゲストには、トランプ政権に批判的な黒人や女性を招くような努力も見られた。トランプ大統領自身も落ち着いて演説に臨み、情け深い国父のように振る舞っていた。

 しかし後半の移民問題になると、不法移民がもたらす脅威や恐怖を取り上げ、国内融和を訴えた点が気になっ…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです