メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決
ひと

岡野道子さん=被災地の街づくりを考える建築士

設計した住宅の模型を手にする岡野道子さん=東京都目黒区中根の事務所で2017年12月18日午後4時48分、荒木涼子撮影

岡野道子(おかの・みちこ)さん(39)

 念頭にあるのは「使い手目線の建築家」。2016年4月の熊本地震に見舞われた熊本県甲佐町で、今夏にも完成予定の災害公営住宅(復興住宅)を設計した。昨年春から特任准教授として指導する芝浦工業大の学生と現地で被災者のニーズを聞き取り、人も自然も「風通しのいい」環境を目指した。

 「建築は居心地の良い場所となる半面、人を傷つけることもある」。世界的建築家、伊東豊雄氏の事務所で働…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです