第67回別府大分毎日マラソン

ヒーロー、扉を開け MGC、五輪に向け 4日号砲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <BEPPU-OITA MAINICHI MARATHON>

 第67回別府大分毎日マラソン大会が4日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を経由して大分市営陸上競技場にフィニッシュする42.195キロのコースで開かれる。今年の別大毎日は、2020年東京五輪マラソン代表の選考競技会・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権がかかる。2時間11分以内の日本人1位となるか、日本人2~6位に入り2時間10分以内でフィニッシュすれば、MGCの挑戦権が手に入り五輪への扉が開く。【角田直哉】

この記事は有料記事です。

残り4653文字(全文4909文字)

あわせて読みたい

注目の特集