連載

ぷらすアルファ

毎日新聞デジタルの「ぷらすアルファ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ぷらすアルファ

高次脳機能障害 どう支える 小室哲哉さん会見で注目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
つえを使って歩く夫を支える妻(左)。「小室さんを批判できる人は、同じ立場ではいないと思います」
つえを使って歩く夫を支える妻(左)。「小室さんを批判できる人は、同じ立場ではいないと思います」

ぷらすアルファ(α)

 音楽家の小室哲哉さん(59)が引退会見で明かした、妻KEIKOさん(45)の高次脳機能障害。気づかれにくいことが災いし、家族が抱え込んで孤立しがちだ。介護する側はどんな困難に直面しているのか、周囲はどうサポートすべきか。

 「うーっ」。男性(24)はいらついた様子でそううめくと、51個まで数えた小豆を元の皿へ一気に戻した。1月27日午後、東京・新宿で行われた、高次脳機能障害者を支援するNPO法人「VIVID(ヴィヴィ)」の社会参加促進プログラム。指先のトレーニングで9人の参加者が2チームに分かれ、スプーンで小豆を受け渡していくリレー戦に挑んだ。

 カウント役の男性がキレてしまい、真剣勝負は無効に。それでも誰も責めないどころか「数えるのは大変だから」と理解する。「自分たちが正しく認められる、心地の良い居場所があるのは大事なこと」。離れて見守っていた家族がつぶやいた。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2222文字)

あわせて読みたい

注目の特集