メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック トランプ大統領就任1年

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ おとなへステップ>

 アメリカのドナルド・トランプ大統領が就任して1年。「アメリカ第一」を主張して国際社会との協力を次々にやめています。アメリカ国内では政府の予算が決まらず、政府の仕事が止まるなどの混乱も起きています。

 ◆米国内にも世界にも混乱を引き起こし合格点には至らず

 トランプ大統領が誕生して1年となった先月、アメリカの国の役所の仕事が一時止まるという騒(さわ)ぎがありました。国の役所は国民の税金で運営され、役人たちの給料も税金から払(はら)われています。こうした税金の使い道の計画が予算です。予算を決めるのは、国民から選挙で選ばれた議員たち。民主主義の国では、国民が、みんなのために仕事をしてもらう役所をつくって役人を雇(やと)います。その費用として税金を納め、その使い道は選挙で選んだ国民の代表が決めます。これは日本もアメリカも同じです。予算案は国会議員の過半数が賛成しないと成立しません。成立しないと、お金を使うわけにはいきませんから、役所は仕事を止め、役人は給料を受け取れないので自宅待機です。

 アメリカの国の予算を決めるのは連邦(れんぽう)議会。上院議員と下院議員のそれぞれ過半数の賛成で決まります。しかし今回、議会の中でトランプ大統領の味方の共和党と反対する民主党が対立し、一時的に予算が決められませんでした。トランプ大統領は民主党を批判しています。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです