メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック トランプ大統領就任1年

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ おとなへステップ>

 アメリカのドナルド・トランプ大統領が就任して1年。「アメリカ第一」を主張して国際社会との協力を次々にやめています。アメリカ国内では政府の予算が決まらず、政府の仕事が止まるなどの混乱も起きています。

 ◆米国内にも世界にも混乱を引き起こし合格点には至らず

政府の仕事が止まる

 トランプ大統領が誕生して1年となった先月、アメリカの国の役所の仕事が一時止まるという騒(さわ)ぎがありました。国の役所は国民の税金で運営され、役人たちの給料も税金から払(はら)われています。こうした税金の使い道の計画が予算です。予算を決めるのは、国民から選挙で選ばれた議員たち。民主主義の国では、国民が、みんなのために仕事をしてもらう役所をつくって役人を雇(やと)います。その費用として税金を納め、その使い道は選挙で選んだ国民の代表が決めます。これは日本もアメリカも同じです。予算案は国会議員の過半数が賛成しないと成立しません。成立しないと、お金を使うわけにはいきませんから、役所は仕事を止め、役人は給料を受け取れないので自宅待機です。

 アメリカの国の予算を決めるのは連邦(れんぽう)議会。上院議員と下院議員のそれぞれ過半数の賛成で決ま…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです