メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2011年11月覚醒剤密輸事件判決・裁判員制度は「合憲」 国民と法曹の交流に意義

証言台から見た裁判員法廷=東京地裁で2009年7月24日、尾籠章裕撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 裁判員制度は、2009年に始まりました。市民感覚を裁判に反映させようと導入され、5月で丸9年となります。

 制度が憲法違反(いはん)かどうかが争われた覚醒剤密輸事件があります。被告(ひこく)の弁護側は「制度は『下級裁判所の裁判官は内閣で任命する』と定めた憲法80条に違反する」と主張し、11年11月に最高裁大法廷(だいほうてい)が判断することになりました。

 事件の概要(がいよう)はこうです。フィリピン人の女が約2キロの覚醒剤が入ったスーツケースを密輸した…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文885文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです