メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2011年11月覚醒剤密輸事件判決・裁判員制度は「合憲」 国民と法曹の交流に意義

証言台から見た裁判員法廷=東京地裁で2009年7月24日、尾籠章裕撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 裁判員制度は、2009年に始まりました。市民感覚を裁判に反映させようと導入され、5月で丸9年となります。

 制度が憲法違反(いはん)かどうかが争われた覚醒剤密輸事件があります。被告(ひこく)の弁護側は「制度は『下級裁判所の裁判官は内閣で任命する』と定めた憲法80条に違反する」と主張し、11年11月に最高裁大法廷(だいほうてい)が判断することになりました。

 事件の概要(がいよう)はこうです。フィリピン人の女が約2キロの覚醒剤が入ったスーツケースを密輸した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです