メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2011年11月覚醒剤密輸事件判決・裁判員制度は「合憲」 国民と法曹の交流に意義

証言台から見た裁判員法廷=東京地裁で2009年7月24日、尾籠章裕撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 裁判員制度は、2009年に始まりました。市民感覚を裁判に反映させようと導入され、5月で丸9年となります。

 制度が憲法違反(いはん)かどうかが争われた覚醒剤密輸事件があります。被告(ひこく)の弁護側は「制度は『下級裁判所の裁判官は内閣で任命する』と定めた憲法80条に違反する」と主張し、11年11月に最高裁大法廷(だいほうてい)が判断することになりました。

 事件の概要(がいよう)はこうです。フィリピン人の女が約2キロの覚醒剤が入ったスーツケースを密輸した…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです