メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/180 第5章 26=高村薫 多田和博・挿画監修

 【あらすじ】池袋で殺害された上田朱美は十二年前の未解決事件に関わっていた。当時の被害者栂野節子の周辺人物の中に浅井忍が浮上する。かつての捜査責任者合田の元同僚浅井隆夫の息子であり、その忍が今、節子の孫娘真弓にストーカー行為を再び始めている。

 栂野家の塀の外から明かりもないガラス窓を見つめる若い男の姿と黄緑色のレンタサイクルは、道路をはさんだ向かいの家の夫婦の眼(め)に留まる。事件当時、同じようにして栂野家の玄関前で栂野節子がどこかの少年を叱りつけているのを見ていた夫婦も、それから十二年経(た)って後期高齢者になったが、昔と似たような状況が衰えた記憶力を一気に呼び戻して思わず二人で首を伸ばし、窓の外を凝視することになった。

 夫婦は道路の男をたんに不審者と見なしたに過ぎないが、かつて不幸な事件に遇(あ)った家のことでもある…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文911文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです