メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省

紙おむつ粉砕、下水道に流す仕組み検討 介護施設の負担軽減

 国土交通省は31日、下水道に紙おむつを流す仕組みを検討する有識者会議の初会合を開いた。生ゴミの粉砕機の技術を使い、下水道に細かくした紙おむつを流すことを想定。介護施設や保育所への導入から検討を始め、家庭への普及も視野に入れる。5年後をメドに実用化への道筋を示したい考えだ。

 国交省によると、人手不足が深刻化する介護施設では、毎日大量に出る入居者の使用済み紙おむつをゴミ捨て場へ運ぶ作業が職員…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです