メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早湾干拓事業

佐賀県漁協、和解も 「開門」転換 国の基金案、受諾検討

 国営諫早湾干拓事業(諫干、長崎県)で、潮受け堤防の開門を求めてきた佐賀県有明海漁協が、開門を前提としない国の和解案を受け入れる検討を始めた。徳永重昭組合長は31日、国が開門しない方針を崩さないことから、和解案について「有明海再生のために必要」と容認姿勢を示した。佐賀県有明海漁協が方針転換すれば諫干問題の行方に大…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです