メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早湾干拓事業

佐賀県漁協、和解も 「開門」転換 国の基金案、受諾検討

 国営諫早湾干拓事業(諫干、長崎県)で、潮受け堤防の開門を求めてきた佐賀県有明海漁協が、開門を前提としない国の和解案を受け入れる検討を始めた。徳永重昭組合長は31日、国が開門しない方針を崩さないことから、和解案について「有明海再生のために必要」と容認姿勢を示した。佐賀県有明海漁協が方針転換すれば諫干問題の行方に大…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. ORICON NEWS DJイベントが銭湯救う?  “ダンス風呂屋”にかける担い手たちの思い
  4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  5. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです