メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産

姫路城 石垣、裏側は簡略化 薄い玉石層発見

石垣の解体修理現場。表の石の裏側に積まれた裏込め石が少なく、通常よりも簡略化された手法で作られていた。=兵庫県姫路で2018年1月31日、幸長由子撮影

 兵庫県姫路市立城郭研究室は31日、世界遺産「姫路城」の東側にある「船場蔵南石垣」の修理工事現場を報道陣に公開した。石垣を解体したところ、城の他の石垣に比べて簡略化され、排水・緩衝用の石の層が通常より薄い構造だったことが分かった。

 市は、木の根が石垣を押し出し、崩れる恐れがあったため解体して、根を除去した上で組み直す工事を1月23日から3月まで行っている。城郭研究室によると、この石垣は粗く割った石を使った「打込みハギ」という技法で積んでいる。初代藩主…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです