メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産

姫路城 石垣、裏側は簡略化 薄い玉石層発見

石垣の解体修理現場。表の石の裏側に積まれた裏込め石が少なく、通常よりも簡略化された手法で作られていた。=兵庫県姫路で2018年1月31日、幸長由子撮影

 兵庫県姫路市立城郭研究室は31日、世界遺産「姫路城」の東側にある「船場蔵南石垣」の修理工事現場を報道陣に公開した。石垣を解体したところ、城の他の石垣に比べて簡略化され、排水・緩衝用の石の層が通常より薄い構造だったことが分かった。

     市は、木の根が石垣を押し出し、崩れる恐れがあったため解体して、根を除去した上で組み直す工事を1月23日から3月まで行っている。城郭研究室によると、この石垣は粗く割った石を使った「打込みハギ」という技法で積んでいる。初代藩主、池田輝政が築いたとされる。通常、姫路城の石垣は、石垣の表面を飾る築石の裏側に裏込め石という直径20センチほどの玉石を幅50センチ~100センチほどの層になるよう詰める。ところが、今回解体した石垣の裏側には裏込め石の層が約20センチしかなかった。

     裏込め石が簡略化された理由について、研究室の担当者は、築石の一部に江戸後半に多く使われるようになった花崗(かこう)岩が使われており、江戸後半以降に積み直した▽石垣上に重要建物がないため、施工状況に差を付けた--などの可能性があるという。一方で「文書や遺物などは見つかっておらず、理由は特定できていない」という。

     2月3日午後1時半、現地説明会がある。小雨実施。無料。問い合わせは市立城郭研究室(079・289・4877)。【幸長由子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
    2. 米韓合同軍事演習 8月中止 北朝鮮の非核化注視
    3. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    4. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    5. 大阪震度6弱 死者5人に 大雨予想、土砂災害警戒を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]