メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
自民党

緊急事態条項は「私権制限」結論出ず 改憲本部

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は31日、今年初の全体会合を党本部で開き、大規模災害などに対応する緊急事態条項の創設について議論した。執行部は国会議員の任期延長に関する規定に絞って設ける案での取りまとめを目指したが、政府による私権制限などの規定も必要との意見が相次ぎ、結論を持ち越した。

 「内容を具体的に詰めていく段階だ。評論家風にいつまでも姿勢論だけ言うと、具体論に入っていかない」。細田氏は会合冒頭でこう述べ、意見集約に協力するよう呼びかけた。同本部は昨年末に(1)国会議員の任期延長に絞った案(2)政府への権限集中や私権制限を含めた案--の2案をまとめている。執行部は、人権侵害への懸念が根強い私権制限を避け、任期延長に限定したい考えだ。

 執行部はこの日、任期延長について「(阪神大震災と東日本大震災の)二つの経験から、延長を可能とするに…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1012文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです