消費者庁

遺伝子組み換え食品8品目 表示厳格化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 遺伝子組み換え(GM)食品について、消費者庁の「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」(座長=湯川剛一郎・東京海洋大教授)は31日、「組み換えでない」と任意表示できる要件を、現行の「GM混入率5%以下」から、実質ゼロである「不検出」に厳格化することを決めた。

 対象はトウモロコシや豆腐など8品目33加工品。検討会では「GM原料が含まれているのに、『組み換えでない』との表示は消費者に…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

ニュース特集