メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費者庁

遺伝子組み換え食品8品目 表示厳格化

 遺伝子組み換え(GM)食品について、消費者庁の「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」(座長=湯川剛一郎・東京海洋大教授)は31日、「組み換えでない」と任意表示できる要件を、現行の「GM混入率5%以下」から、実質ゼロである「不検出」に厳格化することを決めた。

 対象はトウモロコシや豆腐など8品目33加工品。検討会では「GM原料が含まれているのに、『組み換えでない』との表示は消費者に…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田
  5. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]