メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省

紙おむつを粉砕して下水道へ 5年後メドに実用化

 国土交通省は31日、下水道に紙おむつを流す仕組みを検討する有識者会議の初会合を開いた。生ゴミの粉砕機の技術を使い、下水道に細かくした紙おむつを流すことを想定。介護施設や保育所への導入から検討を始め、家庭への普及も視野に入れる。5年後をメドに実用化への道筋を示したい考えだ。

 国交省によると、人手不足が深刻化する介護施設では、毎日大量に出る入居者の使用済み紙おむつをゴミ捨て場へ運ぶ作業が職員の重い負担になっている。また…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです