メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

説明会

調布駅前広場の樹木の6割、中旬から伐採・移植へ

京王線調布駅前広場の整備計画について説明する調布市の八田主税都市整備部長=同市小島町2の市文化会館たづくりで2018年1月30日午後7時7分、福沢光一撮影

 京王線調布駅前広場にある樹木の伐採・移植問題で、東京都調布市は2月中旬に伐採・移植を始める方針を明らかにした。約1カ月かけて、約90本の樹木の約6割にあたる58本を伐採・移植し、ロータリーを拡張したり、地下駐輪場を整備したりする。具体的な計画が示されたことで、市民から改めて反発の声が上がっている。

 市は30日夜、調布市小島町2の市文化会館で説明会を開き、計画の内容を明らかにした。市によると、建設予定の地下駐輪場の地上部にあたる場所に植えられており、現在工事のフェンスに囲まれている樹木を、2月中旬から下旬にかけて順次伐採・移植する。フェンスの外にある樹木についても、3月中旬までに伐採・移植に取りかかる…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです