メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

説明会

調布駅前広場の樹木の6割、中旬から伐採・移植へ

京王線調布駅前広場の整備計画について説明する調布市の八田主税都市整備部長=同市小島町2の市文化会館たづくりで2018年1月30日午後7時7分、福沢光一撮影

 京王線調布駅前広場にある樹木の伐採・移植問題で、東京都調布市は2月中旬に伐採・移植を始める方針を明らかにした。約1カ月かけて、約90本の樹木の約6割にあたる58本を伐採・移植し、ロータリーを拡張したり、地下駐輪場を整備したりする。具体的な計画が示されたことで、市民から改めて反発の声が上がっている。

 市は30日夜、調布市小島町2の市文化会館で説明会を開き、計画の内容を明らかにした。市によると、建設予定の地下駐輪場の地上部にあたる場所に植えられており、現在工事のフェンスに囲まれている樹木を、2月中旬から下旬にかけて順次伐採・移植する。フェンスの外にある樹木についても、3月中旬までに伐採・移植に取りかかる…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです