メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

現代書の美を競う 6日から女流書100人展 東京・銀座

矢萩春恵「櫻」

[PR]

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

 毎日書道展を代表する女性書家が最新作を発表する「第49回現代女流書100人展」を6日から、東京・銀座のセントラルミュージアム銀座とフェニックスホールで開催します。

 漢字、かな、近代詩文書、大字書、篆刻(てんこく)、刻字、前衛書の7部門にわたって全国で活躍する女性書家が出品。芸術性あふれる現代書の線と造形の美を競います。

関口春芳「千變萬軫」

 昨年の毎日書道展会員賞(グランプリ)受賞者と審査会員昇格者を招いた「現代女流書新進作家展」も同時開催します。会場内で出品者によるギャラリートークも行います。入場無料。


 <会期>2月6日(火)~11日(日)、午前10時~午後6時。11日は午後5時まで

小山やす子「月」

 <会場>セントラルミュージアム銀座(東京都中央区銀座3の9の11、紙パルプ会館5階 地下鉄・銀座駅徒歩2分)、フェニックスホール(同2階)

ギャラリートーク日程

 7日(水)=大石千世、大川壽美子、8日(木)=兼岡白葉、松井玉箏、9日(金)=金竹秋苑、下谷洋子(敬称略。いずれもセントラルミュージアム銀座で午後2時から30分ほどの予定)

 主催 毎日新聞社

 後援 毎日書道会


出品者の皆さん(敬称略)

 ◆顧問

 小山やす子、林蕉園、矢萩春恵、香川倫子、平野翠甫

 ◆100人展

 漢字=秋本耿雨、荒井智敬、市川嘉泉、上野緑苑、岡本流幸、奥村素紅、加賀谷栖光、片根苳雨、金子草風、木村朱炎、小池逢花、小林春流、佐藤奎玉、佐藤莱扇、杉山紫苑、関口春芳、外林道子、高野早苗、戸津川政世、松野光遠、水口香魚、柳澤朱篁、吉澤瓔香

 かな=青砥相蓉、荒井青荘、石井明子、石田敬朋、稲垣佐千代、井上麗玉、岩田紫烟、大川壽美子、大辻多希子、大林靖芳、大町道子、勝野玉敍、北川淑子、慶徳紀子、小林清漣、佐伯方舟、坂本秀翠、三本木諒子、下谷洋子、高松栖汀、田向良歌、名和玉芳、原田清琴、藤倉静香、増田花峯、松井玉箏、松村春霙、松吉久美子、水田芳美、宮崎紫光、村瀬桂芭、本橋郁子、山崎暁子、吉田久実子、米本一幸

 近代詩文書=足立翠泉、猪飼翠芳、梅村紅月、大坪桂子、鎌田紗和、北澤翠香、佐野瑞香、鈴木まつ子、田中則子、中村春蓉、西野桃笠、西本東華、日守菜穂子、橋本玉扇、平野春汀、深江京州、町山美扇、峯島恵舟、山田梓江、吉田三枝子

 大字書=阿曽優子、飯田春香、伊代田抱荷、内山順子、大石千世、太田二水、兼岡白葉、小伏小扇、隅山節子

 篆刻=卯中恵美子、島村操

 刻字=安齋佳子、萱沼香竹

 前衛書=小野恵子、金竹秋苑、清川芭紅、倉林紅瑤、小林信恵、平岡千香子、前田敦子、三森慧香、三宅華邦

 ◆新進作家展

 漢字=内田泊雨、折立桂園、加藤青園、金澤嶺雪、神作花紅、喜入彩光、清水華溪、鈴木春瑛、谷澤晶華、茶木静萌、對馬珠紗、照井綾子、中村香柯、平山美影、松崎青漣、宮島小竹、門真紫扇、山口香遠、山本則子

 かな=伊藤抱玉、太田香舟、小笠原イク子、小畠小華、近藤和子、佐藤昌蓮、菅谷志水、旦保万里子、長佐古良子、畑中静抄、平尾由紀子、堀桂葉、松本玉景、山田玉江、吉澤真理

 近代詩文書=井上紅苑、上西玄象、大川宣子、岡榮子、緒方小篁、倉持優峻、黒田寿水、佐々木香魚、白石東苑、津田松鶴、中田陽子、西村青葩、兵頭白慧、森岡静江、山仲白沙、山保櫻華、米澤香蘭、渡邉司寳

 大字書=青柳明華、高師游泉、丹沢透湖、藤原瑛翠

 篆刻=西島千繪

 刻字=宍戸迪翠、丸山陽妃

 前衛書=栗原桜水、関雀鈴、田岡楚香、柳町祥香


 t.jigyou@mainichi.co.jp

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです